過去からの変化

建築家の今後の動向についての予測

今、建築家の世界では三次元での設計手法が広まっています。それをBIM(ビルディングインフォメーション)といいます。今までの多くの建築家は設計をするに際し平面から立面、断面図までを一枚ずつをそれぞれ2Dで描いていました。一方、BIMの世界はリアルタイムで3Dでモデリングをしながら設計していくというもので、そうすることで一枚ずつ図面を書かなくてもすみますし(例えばモデルを切れば断面となるように)、施主側とのイメージの共有化だけではなく、設計の後期段階での手戻りを少なくすることもできます。しかし今建築家に求められているこのスキルが現状としてまだ普及しておらず、そのステップ段階に踏み込めない建築家も多くいます。

BIM導入にあたり注意すべきポイント

全ての建築家が求められているといっても過言ではないBIMですが、個人の建築家に比べ、以外にも大手ゼネコンになればなるほど、その導入や教育に費用がかかるのも現状問題としてあり、設計のBIM化が進んでいない状況もあります。また、使用したい部品(柱や梁などの)の形状がぴたりとあてはまるものには素早い作業効率よく設計が進みますが、複雑な形状や自由曲線での設計といったレベルになると、それぞれのパーツを作り起こす必要があるので時間と手間はかかります。ただ時間と手間はかかりますが一度できてしまえば材料の数量だしや、コスト管理、施工をシミュレーションしたリスク回避など、二次元時代よりできることは多く、やはりBIMを導入すべき利点は多くあるのです。