好きなデザインを適用

デザイン住宅における工夫できるポイントとは

デザイン住宅による注文住宅の建設は、その予算によっては理想通りの住み心地を実現できる住まいを建てることができます。けれども多くの場合には、希望する家を建てるための予算が足りないといったケースが多いものです。そこでどこをコストカットするかという話になるわけですが、こだわりの部分が多いほどになかなかその割り切りができないものです。 そこでまず検討するのが建材になります。デザイン住宅の場合、多くは設計に合わせて建材の種類を選び、さらに加工することによって材料費がかさむことになります。けれどもその建材を規格化されたものに統一するだけでも、かなりのコスト削減につながります。また安価な輸入品を利用するケースも多くなってきています。

現在の取り組みやトレンドについて

デザイン住宅におけるトレンドは、ローコストによる設計です。これまでは雑誌にも掲載されるような個性的な住まいが好まれていたものですが、特に最近のハウスメーカーによるローコスト住宅の人気を受けて、デザイン住宅にもその波が押し寄せています。基本性能はもちろん高く維持しつつも、削れるコストはとことん削って費用を抑えるものとなります。 もちろん、断熱性や防水性はきちんと確保することが必要となります。家は手入れ次第で長持ちするか否かが決まるものですが、その手間を省き長く住宅を護ることができる外壁塗装が人気となっています。断熱性を上げることで光熱費も抑えることが可能となり、ランニングコストも抑えられることになります。